緑の背景

胃カメラ検査

胃カメラ

胃内視鏡検査について

当院では、苦手意識がある患者様にも安心して検査を受けていただけるよう負担の少ない経鼻用の内視鏡にて検査を行っております。

食道から胃・十二指腸まで詳しく検査を行い、病気の早期発見、早期治療に努めています。検査中は、リラックスできる環境作りを心がけ、検査の様子は患者様にも同時にモニターでご確認いただき、状況をご説明いたします。

不安が強い患者様には、軽い麻酔薬をご使用いたします。お気軽にご相談ください。

検査の流れ

検査は胃の中を空っぽにした状態で行います。診察時に同意書・問診票をお渡しします。抗凝固剤などのお薬を服用中の方は、申し出てください。

◆午前中検査の方・・・前日夜9時以降の食事は禁止です。夕食は軽めにしてください。飲酒はお控えください。

◆午後検査の方・・・朝7時までに軽めの食事を済ませてください。牛乳やオレンジジュースなど色のついた飲み物は検査が終わるまで飲まないでください。

検査当日

01. 朝

  • 朝食は食べないでください。

  • お腹をしめつけないリラックスできる服装でお越しください。

  • 水またはお茶を少量飲む程度なら構いません。

  • 検査10分前には受付をお済ませください。

02. 検査前

  • 胃をきれいにするためのお薬を飲んでいただきます。

  • 経鼻内視鏡の場合は、胃カメラが鼻から通りやすいように麻酔をします。

  • 経鼻内視鏡が難しい場合は、経口から検査を行います。

03. 検査

  • ベルトなどを緩め、お腹をリラックスさせた状態にします。

  • 検査中は、気持ちが楽になるように軽く目を開けましょう。

  • 口の中の唾は、飲まずに出してください。

  • 検査時間は約10分です。必要に応じて精密検査を行うために多少時間がかかることがあります。

  • 以前の検査で苦痛があった方には、鎮痛剤の注射を使用し、うとうとした状態で楽に検査を受ける方法もありますのでご希望の場合はご相談ください。

04. 検査終了後

  • うがいは軽くお済ませください。

  • 体調と安全の確認のため、ベッドで休んでいただく場合があります。

  • 基本的に水を飲んでむせなければ、約1時間後に食事を取ることが可能です。

  • 終了後に検査結果の説明をいたします。詳しい病理検査結果などは、後日ご報告となります。